マンションを貸す条件

自己物件をリロケーションで貸し出す場合と一般の賃貸で貸し出す場合、1番の大きな違いは賃料になります。リロケーション物件は期間限定の賃貸になるため、借りる側は契約期間が終了すれば退去しなくてはいけません。当然、借りる側にとっては良い条件とは言えません。その他にも制約をつける場合が多く、家賃も下げる必要があるといわれています。通常の家賃相場より、2割程度下げる必要があるようです。借りる側の引っ越しなどによる諸費用の必要性を考えれば、ある程度の値下げは仕方がないことです。

また、期間を設定して貸し出すため更新料は請求できません。一般的な賃貸物件の場合、2年ごとに更新料が掛かります。通常家賃の1ヶ月を支払います。この更新料は家主に入り、手数料という名目で不動産業者がその内何割かを手にするのが一般的です。個人のマンションをリロケーション物件として賃貸にした場合、契約期間を決めて貸し出すため更新という事実は発生しません。契約期限があることを抜きにすれば、金銭的には借りる側はかなり得だと言えます。

いろいろご説明させて頂きましたが、せっかく購入したマイホームですからしっかり維持や管理することが大切です。転勤から戻り、いざ住もうとしたらボロボロで目も当てられなかったでは泣くに泣けません。それには、きちんと管理してもらえる不動産業者を見つけることが重要です。

参照資料〔不動産会社紹介サイト – マンション貸す.com〕